標準型カートリッジヒーター

標準型カートリッジヒーターは、金型・熱板加熱用途などに使用する棒状のヒーターです。
外側からの加熱が困難である場合に用いられます。

写真をクリックで拡大表示

製品ポイント

安定した熱伝導

精度の良い表面研磨により、安定した熱伝導が可能です。

絶縁性能

内部にマグネシア粉末を充填・封入することで、高い絶縁能力を有します。

ヒーター容量の選定

用途に応じて、ヒーター長さ・ヒーター容量(ワット)の任意設計が可能です。

構造

ステンレスシースパイプの使用により、高耐久・耐腐食性に優れています。

使用用途

  • プラスチック成形金型加熱
  • 熱板,マニホールド加熱
  • 金属ローラー加熱

製品説明

標準型カートリッジヒーターは、スパイラル形状の発熱体をセラミック内に挿入し、シースパイプ内にマグネシア粉末を充填後、口元を専用セラミックで封着した棒状のヒーターです。
表面研磨することで、対象穴内に対して安定した熱伝導を可能とするとともに、マグネシアによる高い絶縁性能と耐久性を誇ります。
オプションとして、フランジを取り付けることで、抜け止め及び固定が可能となります。
その他、標準外フランジの選択、リード線を使用した特殊仕様品のご依頼につきましてもご相談承ります。

製作仕様

(単位:mm)

製作可能外径 φ14、φ15、φ16、φ18、φ19、φ20、φ25
設定電圧 100V~480V
ヒーター長 100mm~1000mm
表面ワット密度 ~5.5W/㎠(上限値)
リード線 ニッケル耐熱電線
外装シース材質 ステンレス
外観図

標準型カートリッジヒーター図面(汎用図)のダウンロードはこちら

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGsへの取り組みをご紹介 >